FC2ブログ

エイミ対策メモ

久しぶりの更新となる今回は、エイミ対策をやってみたいと思います。
4になって大躍進を遂げたと評判のエイミ。
リーチや単発のパワーこそ標準的かそれ以下なものの、攻撃継続能力や技の性能が非常に高いために、あらゆる状況に対応できる強さを持っていると感じました。

筆者自身も対エイミは苦手で、これから書く対策というのも例によって具体的なところまでは踏み込めていません。内容も既に他の方が示されているような基本的な内容の繰り返しになると思います。

しかしエイミは使用人口も多く、覚えておかないと完封されるおそれもあるので、それをできるだけ多くの人に知ってもらって、いわゆる「わからん殺し」されてしまうのを少しでもなくしましょう、というのが今回の主旨です。



まずはエイミの主力技の解説をしたいと思います。
毎度のことで申し訳ないのですが、記事に出てくるフレーム関連の数字は非常に怪しいので、他の情報サイトなどを利用することをお勧めします。
あくまで自分が対戦したときに「この技は強いな」と感じたものを調べただけなので、今回紹介し忘れている技の中にも強力なものがあるかもしれません。
そういったものは「これが厳しい」「これはどうすれば?」と指摘していただければ可能な限り対応したいと思います。


<6BB>
エイミの強さを支える発生11Fの上段突きです。
コマンドの関係上しゃがみ状態からでも出すことができ、リーチも十分あるために、確定反撃や暴れなど様々な場面で振られることがある技といえます。
食らったあとはそこまで不利というわけでもないので、暴れも視野に入れて相手の続く攻めに対処していくといいでしょう。

この技の派生は3段目までありますが、ノーマルヒットではガードが間に合い、カウンターヒット時は繋がるものの、カウンター確認は難しいので出し切られることは稀でしょう。仮に3段目をガードできれば反撃を入れられるので見逃さないで下さい。

またこの技は6BB236というコマンドで236ステップに移行することができ、暴れなどからこれをされた場合、展開の早さから特殊ステップをからめた攻めに対処しきれないことも多いでしょう。
ステップからの攻めは発生が遅いものばかりなので、6BBを食らった時点で集中し、236が見えたら落ち着いて2Aを出していけばほぼ安定です。


<3BA>
出始めに上段を潜ることができる、中段→下段の連係技です。
ノーマルヒットで繋がってダウンを奪い、さらに追い討ちまで確定します。
1段止めが-15F、出し切りが-11Fのようです。
初段は反時計方向に判定が非常に薄く、エイミ側が大幅に有利な状況で出されても、反時計ステップで割と回避できることが多いです。
出し切りはガードしても一握りのキャラ以外は反撃を入れられないので、初段をガードした時点でジャンプ攻撃やジャンプ→投げなどで二択を迫っていくのがいいと思います。

食らってしまった場合は絶対に受身を取ってはいけません。
1段止め、出し切りともに様々な受身確定の選択肢があるので、おとなしく寝っぱなしで1発もらって受身を取るのがいいでしょう。
ただし起き攻めでダウン中に3BAを食らった場合は受身を取ってしまうと2段目が受身確定になってしまうので、寝たままで2発目を回避してから起き上がります。


<33B>
反時計方向に非常に判定が強い中段浮かせ技です。
リーチが長く、ガードしても確定反撃はありません。
ガード後は距離も開くため、安易に二択にいこうとすると逆二択で潰されることもあります。
時計方向に移動して回避してしまうのが理想ですね。


<Run中A+B>
33Bとは反対に時計方向に判定の分厚い中段浮かせ技です。
エイミの技の中でも屈指のリーチを誇ります。
ガードで一部のキャラのAA程度が反撃になる程度の硬直がありますが、距離が開いて入らない場合も多いです。
33Bに比べて対Run性能は低いので、時計方向Runでも常時動き回っていれば回避できることもあります。


<22or88B>
時計か反時計のどちらかに軸をずらしながら中段突きを繰り出す技です。
ガードしても確定反撃が入らない上に、ソウルゲージを大量に削られてしまいます。
主にエイミ側が微不利な状況で仕込まれていることが多く、例えばエイミのB単発や2Aをガード後に出されていると、こちらのBBなどがスカされてしまいます。
2Aや投げならば問題なく捉えてくれるので、縦切りを出す場合だけ注意が必要です。

この技は1段目のモーション中に再度同じコマンドを入力すると、もう一度軸をずらしながら中段突きを出すことができます。
22Bをガードしたあと、相手の暴れを潰そうと2Aを出していると、一部のキャラは苦手方向に再入力されていた場合に回避されてしまいます。
AAならば捉えることはできますが、相手が22BGというコマンドで中段突きをキャンセルしていた場合、上段をスカす専用の構えに移行するために、それによって潜られてしまいます。
投げは問題なくつかめるのですが、22B単発止めには確定しないため、しゃがまれるおそれがあります。

22Bの軸ずらし性能と自キャラの2Aとの相性が悪いキャラは専用の対策技を用意しておいたほうがいいかもしれません。


<44B>
上段スカし判定になりながら後ろに下がったあとに突きを繰り出す中段技です。
ガードできれば-17Fなので確定反撃が入るのですが、距離が開くために技が届かないことがあります。

22Bと同じようにエイミ側が微妙に不利な状況で使われると、BBや投げ、2Aなどの選択肢は全て回避されてしまいます。
この技を読んだらリーチの長い中or下段を出して、相手が下がろうとしたところを叩くのが一番です。
それに適した技を持たないキャラは、前ステップからのガードで距離を詰めて反撃を入れるか、横移動で44Bをスカして反撃を入れるしかありません。


<4A>
ガードで-17Fですが、ワンコマンドでしゃがみ状態からも出せる上に、軸ずらし性能は22or88B以上とわりとやっかいな上段横切りです。
状況次第で2Aや投げさえもスカされることがあるので、微有利状況からの安易な二択は的にされがちです。
22Bとは違い時計方向にしか軸をずらせないので、その方向に判定がつよい技を持つキャラクターは特に警戒する必要はないかもしれません。


<B+K>
中段と特殊中段を全て弾く性能を持った構えです。
まずインパクトされてしまうとB+K中Kが確定し連続技を決められてしまいます。
インパクトされなかった場合でも、すぐに構え中の技を出せるようになるため、あまり割り込むのは得策ではありません。

この技を出されてしまった場合は、基本は立ちガードを固めて、何かをガードするか他の構えに移行したのを見てから発生の早い技で割り込むのがいいでしょう。
ただしB+K~A+Bが上段をインパクトし、B+K~A+Kが空中判定になることに注意が必要です。


<66:B>
ガードすると強制的にしゃがまされる中段攻撃です。
ガードした場合の有利フレームは割と大きいので、6BBを始めとするエイミ側の暴れには簡単に対応できます。
ただし44Bを仕込まれていた場合は、しゃがみ状態という特性上、非常に技をスカされやすいです。

しゃがみ状態から出せるリーチの長い技があればそれを出し、なければ44Bの項目に書いたような読み合いとなります。


<3K>
発生14F、ノーマルヒットで+4Fという強烈なフレームの中段蹴りです。
食らうと3BAや投げなどで二択を迫られてしまいます。
ガードした場合は66:Bガード時と同じく、44Bを最警戒して振る技を選択してください。


<1A>
リーチが長い下段切りです。発生が早く、恐らく見てからガードするのは不可能でしょう。
食らってしまうと強制的にしゃがまされて、その後エイミ側が1F不利となります。

フレーム的には食らっても有利とはいえ、しゃがみ状態からでは出せる技に制限がかかるため、実質エイミ側が有利といって差し支えないでしょう。
その後はエイミに6BBを出されると、しゃがみ中Aですら潰されてしまいます。
上段スカし性能がある技を出せば6BBはスカすことが可能ですが、そうすると今度は2Aなどで潰されてしまうため、結局は読み合いということになります。
ソフィーティアの4Bをガードしたあととほぼ同じ状況といえばわかりやすいでしょうか。
とにかく食らってもあわてずにその後のセットプレイに集中して、読み合い対応していくことが重要です。

ちなみにリーチが長い下段横切りということで、受け確を狙った起き攻めにもたまに使われたりしますが、この技はダウン状態には当たらないので、そういった場合は寝っぱなしが安定です。


<2B+K>
足元を突き刺す下段攻撃です。
食らうとコンボまで確定して、見えない下段からとしてはかなりのダメージを奪います。
ガードすれば確反が入りますが、中段の選択肢も痛いためにあまり読みでしゃがむことはお勧めできません。
3AEの頃よりリーチが伸びたとはいえ、まだまだかなり短い部類の技なので、主に起き攻めで使われることが多いと思います。
その場合は寝っぱなしで2B+Kを食らって受身を取ってしまうのがいいでしょう。



とりあえず筆者が強力だなと感じている技を挙げてみました。
個人的な意見を言わせてもらうと、エイミは不利な状況でも6BBの暴れや軸をずらしたりインパクト判定を持った技を出すなど、いわゆる逆二択の性能が高いと思います。
それに加えて自分のターンを継続する能力にも優れているため、割と強引に立ち回ることが可能です。
技の性能を把握して、一方的に押し切られることのないように、こちらもあらかじめ対策技を用意しておきたいですね。
スポンサーサイト



テーマ : ソウルキャリバーIV - ジャンル : ゲーム

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)