FC2ブログ

リザードマン対策メモ クリーピング番外編

前回で「調査したい」としていた背向けクリーピング状態でのB+Kですが、正面向きと比べてあまり脅威になる性能ではないようなので、軽く説明しようと思います。

さらに新しくカサンドラとティラのクリーピング対策技を追加しました。
前回の記事からご覧になれます。今後も有効な手段が見つかり次第更新していく予定ですので、よい情報がありましたら教えていただければ幸いです。


まず背向けクリーピングについて解説したいと思います。
背向けといっても単純にクリーピング中に相手が背後に回った状態のことをいっています。
通常の立ち状態と違い、攻撃を出したりレバーで移動をしても相手のほうに向き直ることはありません。トカゲは最初に構えた方向を向きつづけることになります。

この状態でも各種クリーピング技も普通に出すことができ、その場合トカゲが向いている方向(相手の反対方向)に攻撃が出ます。
ただしB+Kのみ相手のほうに突進が出るので、性質まで変わっていないかを調べてみました。

詳しいフレームなどは調べていませんが、体感として正面B+Kより発生が早い印象で、油断をしていると食らってしまうことも少なくありません。

ヒット時はさらに背向けB+Kがダウン追い討ちとして確定するようです。この技のあとにクリーピングが解除されることはないので、トカゲ側がガードボタンで構えをキャンセルしない限り背向けクリーピング状態が持続します。

発生が早い気がするので、背向けB+Kガードからの背向けB+K連発が割り込みにくいのかと当初考えていましたが、普通にBBなどの中段技で割り込むことが可能でした。

ただしトカゲ側がクリーピング中BやKを入力していると、離れるように攻撃が出て、こちらが出した技がスカされてしまうことがあります。
この場合も背向けクリーピング状態が解除されることはないので、背向けB+Kを警戒しつつ同じ読み合いをしていけば、相手はいつか割り込まれるのを覚悟で背向けB+Kを出すか構えを解除してスキを晒すかの選択をすることになります。


まとめるとトカゲがクリーピング構えで暴れているときに背後を取れればチャンスということになります。
まずガードを固めて背向けB+Kを待ちます。
首尾よくガードできれば即座にBBなどで割り込みで安定してクリーピングを潰しながらダメージを奪えます。
トカゲがガードボタンでクリーピングを解除するのが見えたらスキだらけなのできっちりとそこを叩いていきます。
クリーピングBやK、または前後移動で逃げようとした場合は、背向けB+Kに注意しながら距離を詰めます。この場合はトカゲがクリーピングを解除したときに痛い突っ込みを入れられる距離さえキープできていれば、必ずしも密着する必要はありません。



長々と書いてきたトカゲのクリーピング対策もこれでようやく一段落といった感じです。
この記事を書き始めた当初、「リザードマンの構えがわからずにそれだけでやられてしまう」といった意見をよく目にしたので、私なりにまとめてみました。具体的な数字などがほとんどないのでイメージしにくかったかもしれませんが、対トカゲ戦で少しでもお力になれたのならばこれに勝るよろこびはありません。

今後も「○○が厳しい!」という意見があれば積極的に取り組んでいければと思っています。
スポンサーサイト



テーマ : ソウルキャリバーIV - ジャンル : ゲーム

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)